マッチョが服に困る理由から考える!本当にマッチョに似合うファッションとは

「サイズが合う服がない!」

「トレーニングウェア以外、何を着たら良いのか分からない」

マッチョの皆さん、服に関する困り事はありませんか?

服の選び方や着こなし方など、おしゃれには悩みがつきものです。

今回はマッチョの皆さんが服に困る理由を探り、本当にマッチョに似合うファッションはどのようなものかを解説していきます。

服にお困りのマッチョの皆さん、ぜひ参考にしてくださいね。

マッチョが服に困る理由5選

まずはマッチョが服に困る理由を紹介します。

マッチョが服に困る理由はいくつかあります。

今回は厳選して5つの理由を見ていきましょう。

1.サイズが合わない

マッチョの最大の悩みといえば、服のサイズが見つからないことではないでしょうか。

パンプアップして体が大きくなるにつれ、合うサイズは減ってきてしまいますよね。鍛えている部位によって、ふくらは

ぎだけがキツくウエストはゆるゆるだったりと、体に合う服を探すのは至難の業だと言えるでしょう。

2.ダサく見えがち

マッチョは体に厚みがあり、ゴツゴツとした体型。

一方、雑誌に出てくるモデルはスラリとしています。

長身で痩せ型のモデル体型は、メディアの影響で美の基準だと考えられがちです。

今でこそ、さまざまな美の基準がありますが、まだまだモデル体型へのあこがれが拭えません。

中にはモデル体型=おしゃれ、厚みのある体型はダサいと考えている人も。

3.筋肉をアピールしていると思われたくない

ジャストサイズなTシャツを着ると鍛えた胸筋がアピールされ、筋肉を見せつけていると思われてしまうからとオーバーサイズばかり着ていませんか?

筋肉アピールを過剰に避け、ダボッとしている服を選ぶのは、あるあるですよね。

ですが、サイズの合わない服ばかり着ていると、センスが無いと思われてしまう可能性も。

4.トレーニングウェアばかり着てしまう

筋肉量の多いマッチョになればなるほど、ジムに行く回数は増えますよね。

中には毎日ジムに行く人もいるのではないでしょうか。

ジムに行く際は、着替えの手間を減らすためにトレーニングウェアで行く、という人も多いと思います。

トレーニングに適したウェアは動きやすいですし、着心地も良いものばかり。

ですが、トレーニングウェアばかり着ていると、おしゃれな私服の出番が必然的に少なくなってしまいます。

5.おしゃれなマッチョブランドが少ない

日本の多くのファッションブランドは、平均的な日本人体型をモデルに服を作っています。

マッチョのみなさんの鍛えた胸やふくらはぎ、太ももが入らない服も多いのではないでしょうか?

おしゃれなブランドでは入る服がないからと、ついついトレーニングウェアを着て過ごしてしまうことも。

選ぶブランドが限られることで、ファッションのバリエーションが少なく、ダサいイメージに繋がってしまいます。

本当にマッチョに似合うファッションのコツ

本当にマッチョに似合うファッションとはどのようなものなのでしょうか?

マッチョが服に困る理由を解消できる、マッチョ向けのファッションを解説します。

サイズが合うTシャツでシンプルに

マッチョによくある悩み第一位のサイズが合わない問題は、シンプルなTシャツで解決しましょう。

Tシャツのサイズは、筋肉を目立たせたくない人は、オーバーサイズをチョイスするのが◎

ですが、いつも着ている普通のTシャツの大きいサイズを買うのは避けましょう。

もともとオーバーサイズ目に作られているビッグシルエットのTシャツを買うのがおすすめです。

オーバーサイズ設計のTシャツは肩の位置が落ちるように作られていたり、袖の長さも長め。

大きく着てもかっこいいシルエットに仕上がるようにできています。

またジャストサイズなTシャツを選ぶ際は、鍛えてきつい部分と緩い部分のバランスを見ながら選びましょう。

アウターとボトムスのサイズ感でバランスを取る

マッチョファッションがダサく見えないコツとして、アウターとボトムスのバランスを上手に取ることが重要です。

ファッションをダサく見せないためには、締まった部分を上手に作りましょう。

 例えばオーバーサイズのジャケットを着るなら、ボトムスは体にフィットしたものにします。

ダボっとしたシルエットのトップスには、スキニータイプのパンツを選びましょう。

程よい露出でメリハリを作る

さりげない露出こそが、マッチョのファッションをより魅力的に飾ってくれます。

例えば締まったふくらはぎを見せる、アンクル丈を選んだり、腕まくりで腕筋をアピールしたり。

大胆な露出はやりすぎ感を与え、場合によっては相手に不快感を感じさせてしまうことも。

ファッションにメリハリを付ける感覚で、程よく肌見せしましょう。

なで肩を解消するアウターをチョイス

骨格の問題もありますが、僧帽筋が鍛えられるとなで肩に見えてしまうことがありますよね。

マッチョのなで肩問題は意外と多いですが、アウターのチョイスで悩みを解消できますよ。 

きちっとしたシルエットのジャケットには、肩パッド効果がありキレイな四角いフォルムを作ってくれます。

また、ボリューミーなMA-1などのミリタリージャケットも、肩周りから上手く視線を外してくれるのでおすすめです。

自分に合うマッチョブランドを見つける

おしゃれなマッチョ服ブランドがないことも、悩みの一つですが、マッチョ服ブランドは探せば見つかります。

例えば、PHYSIQUE FRAME(フィジークフレーム)はマッチョ専用のアパレルブランド。

カジュアルなTシャツや、フォーマルな印象のシャツ、パンツなど多種多様なアイテムを販売しています。

マッチョのボディに合わせたシルエットになっているので、ぴったりなアイテムが見つかりますよ。

公式サイトはこちらからご覧いただけます。

マッチョファッションの悩みを克服し、おしゃれを楽しもう!

今回はマッチョファッションの悩みを紹介しました。

鍛え上げた美しい体は、かっこよく見せなきゃもったいない。

マッチョファッションはサイズ選びやバランス感を上手に取ることで、もっともっとかっこよくなります。